お店選びから車の乗り方まで!マイカーを高く売るコツ

>

車を売るにもコツがある

手間はかかるが「中古車買取店」が高額

車の買い替えに伴って、古い車を売却する方は多いと思います。
そんなときに、まず思い浮かぶのが「ディーラー下取り」ではないでしょうか。

ディーラー下取りでは、新車を購入する際に古い車をディーラーが買い取り、それと入れ替えで新車が納品されます。
これによって、買い替えにかかる手間が少なく、また、下取り車があることによって新車の値段も交渉しやすくなります。
しかし、手間と時間がかからない分、中古車の買い取り価格としては低くなってしまいがちです。

より車の買い取り価格が高くなりやすいのは、「中古車買取店」です。
中古車の買い取りから販売まで行なっている中古車買取店を選べば、仲介業者を挟まない分、他の業者より高い金額で買い取ってもらいやすくなります。
自分で車を売りに出す手間や、価格交渉のスキルは必要になりますが、上手く行えばディーラーの下取りより高額で引き取ってもらえます。

走行距離が長い車はどうする?

どんな車も、発売から年数が経っていたり、走行距離が長くなってしまうと、買い取り価格が下がってしまいます。

そのような車を売るときは、海外への中古車販売に力を入れている業者を選ぶといいかもしれません。
海外では日本ほど新車信仰が強くない国が多々あり、そのような国では走行距離が長い車でも普通に走っています。
また、品質の高い日本車ブランドは海外では人気があるため、国内で販売するよりも高く売りやすいです。

それでも値段がつかない場合は、パーツ買い取りを行なっている業者を探すのも手です。
車には値段がつかなくとも、まだ使えるパーツや金属を買い取ってくれたり、希少なパーツに高額な値段をつけてくれることもあります。

また、ディーラ―下取りの中には最低下取り金額を設定しているケースもありますので、こういった場合はディーラー下取りも有効です。


この記事をシェアする